カンボジアの技能実習生が歓迎される理由

  • カンボジア人材派遣の留意点について

    • カンボジアは、現在、外国人技能実習生受入事業の対象国に1つに指定されています。

      受入事業には、公的機関型、企業単独型、団体管理型の3つの受入方法がありますが、団体管理型の利用においては、人材派遣会社には留意をした上で依頼をする必要があります。

      カンボジアの人材派遣に関してとにかく簡単に調べられます。

      カンボジアからの人材派遣を受ける場合には、現地の送り出し機関を利用することになります。ここでは、トラブルを防ぐためにも、財団法人国際研修協力機構(JITCO)とカンボジア政府が監督・指導を行う、認定送り出し機関に依頼することが望ましい方法となります。
      非認定の送り出し機関からの人材派遣では、まず、技能実習制度に関する最新情報が送出し機関にタイムリーに伝わらないことがあります。



      次に、万が一送出しに関する問題が発生したときに、カンボジア政府窓口や在京大使館を通じた適切な指導が受けられないこともあり、問題解決に時間がかかることになります。


      また、重要な点の1つとして、.職業紹介事業の許可・届出申請時に提携先送出し機関として認められない可能性もあります。
      カンボジアでは労働・職業訓練省を中心として人材派遣に関しての許認可を行っており、ここでは、送り出し機関に関しても様々な条件を定めています。



      認可の条件としては、まず、民間派遣業者の認可のための主要基準があり、他に、派遣前の要件、海外就労中の労働者の監視、本国への帰国手配、管理のためのデータベースシステムの条項を設けています。


      志願者においても、労働契約締結に関しての条件が詳細に定めてあるために、安心して登録が行える内容になってます。