カンボジアの技能実習生が歓迎される理由

  • カンボジア人技能実習生を受け入れるための手順

    • 自分の経営する会社にカンボジア人の技能実習生を受け入れたいと思うなら、一体どんな手順を踏む必要があるのでしょうか。
      まず最初の段階として、自分の会社を監理団体に加盟させなければなりません。

      ちなみにここで言う監理団体に該当するのは公益社団法人や協同組合などで、技能実習が適正に行なわれているかどうかを確認し指導をする団体のことです。カンボジア人の技能実習生を受け入れたい場合に踏むべき二つ目の手順は、監理団体の人と共にカンボジアまで赴き、認定を受けた送出し機関に所属しているカンボジア人と面接を行なうことです。


      この面接では、複数の人の中から必要なスキルを持った人材を選ぶことができるでしょう。
      もちろん現地に直接赴くことなく、スカイプなどで面接を済ませる方もいますが、最善なのは現地に行って直接会ってみることだと言われています。

      カンボジアの技能実習生の情報を提供中です。

      こうして技能実習生として自分の会社に受け入れたいと思う人材を見つけたなら、次の段階として日本に呼ぶための手続きを行なうことになります。

      この種の手続きを主に行なうのは監理団体の方々ですが、受け入れる側も協力して進めていくことができるでしょう。

      実際にカンボジアから技能実習生として来日したなら、日本語を学ぶことに加えて、労働や入管に関連した法令などを勉強することになっています。



      このような講習の後に雇用契約を結び、受け入れ先の会社に配属されることになります。



      当然、日本人を雇う場合と同様、労働関係法令に従って扱う必要があります。