カンボジアの技能実習生が歓迎される理由

  • カンボジアの技能実習生が歓迎される理由

    • 最近カンボジアの技能実習生を受け入れる企業が非常に増えています。外国人の技能実習制度は古くから日本の国策として行われており、多くの東南アジア諸国から多数の技能実習生を受け入れていますが、近年では特にカンボジアからの実習生が非常に増える傾向にあります。

      カンボジアの技能実習生の情報を探すならこちらです。

      その背景には古くから様々な面で培われた現在の日本とカンボジアの技術における協力関係の結びつきの強さがあるのです。カンボジアは古くから日本の友好国として非常に良い付き合いを進めてきました。
      国土開発のために日本の技術者が現地に赴き様々な技術を伝授したり、開発計画に協力し発展を後押ししてきた経緯がありますが、現在はその技術において非常に高いレベルに到達している背景があります。

      現地においてもIT関連における国営企業が発展しインターネットを始めとした通信技術も独自に開発し運営するほどになっていることから、国民が高い技術を身に付ける要素が整っているのです。

      従来は東南アジアの発展途上国として低く見られていた経緯がありますが現在ではその技術力が非常に高まっており、日本と比べても引けを取らない高い技術を持っている側面があります。



      そのためカンボジアの技能実習生は他の国の実習生に比べその技術の習得能力が高く、加えて日本との友好関係を十分に意識し日本の様々な文化の発展にも協力をしてくれることから、受け入れる企業に対しても大きな恩恵をもたらすものとして注目されているのです。