カンボジアの技能実習生が歓迎される理由

カンボジアの送り出し期間について

アジア諸国の発展に役立てる事を目的とした日本政府公認の事業として、外国人技能実習生受入事業があります。


事業は、財団法人国際研修協力機構(JITCO)の指導に基づいて行われており、現在受入が可能な国は中国を始めとしてバングラディシュまで全部で15ヵ国が指定されています。

今すぐ見つかるカンボジアの送り出しってとにかくお勧めなんです。

受入においては、認定送り出し機関を通して行われており、カンボジアもその中の1つとなります。

カンボジアからの労働力の送り出しは、政府が1995年7月20日付で発令した副法令57号に沿って行われ、送り出しの所管機関には、労働職業訓練省、外務国際協力省、内務省の3つがあります。



法令では、まず、志願者に関する条項があり、18歳以上のカンボジア国民であること、労働職業訓練省の職業紹介事務所への登録、民間の許可派遣業者と雇用サービス契約を締結をすることが求められます。
また、他の条項には、民間派遣業者の認可のための主要基準、派遣前の要件、海外就労中の労働者の監視、本国への帰国手配、管理のためのデータベースシステムがあり、派遣業者に対しての条件が定められています。


派遣業者は、ここでの認定を受けることで、JITCOとカンボジア政府窓口から監督・指導を受け、日本国内に労働者を派遣することになります。

JITCOでは、現在、カンボジアに関しては55ヵ所の事業所を認定送り出し機関としており、全ての事業所がプノンペンを所在地としています。



因みに、「認定送り出し機関」としての呼称はJITCOが認定をしている訳ではなく、ここでは、表現方法の1つとして用いられています。


  • カンボジアの実習生の専門知識

    • カンボジアは、現在、外国人技能実習生受入事業の対象国に1つに指定されています。受入事業には、公的機関型、企業単独型、団体管理型の3つの受入方法がありますが、団体管理型の利用においては、人材派遣会社には留意をした上で依頼をする必要があります。...

      detail
  • カンボジアの実習生のおすすめ情報

    • 自分の経営する会社にカンボジア人の技能実習生を受け入れたいと思うなら、一体どんな手順を踏む必要があるのでしょうか。まず最初の段階として、自分の会社を監理団体に加盟させなければなりません。...

      detail
  • カンボジアの実習生の意外な事実

    • 発展途上国からの技能実習生を日本では多く受け入れていますが、その中でもカンボジアからの技能実習生は増加しています。カンボジアはまだ貧しい暮らしをしている方が多く、日本で技能を身に着けしっかりと職に就くという目標を持っています。...

      detail
  • カンボジアの実習生の情報分析

    • 最近カンボジアの技能実習生を受け入れる企業が非常に増えています。外国人の技能実習制度は古くから日本の国策として行われており、多くの東南アジア諸国から多数の技能実習生を受け入れていますが、近年では特にカンボジアからの実習生が非常に増える傾向にあります。...

      detail